Username:

Password:

Fargot Password? / Help

BattleTech あらすじ

0
  • 前スターリーグ
    2011-2570
  • スターリーグ
    2570-2780
  • 相続戦争
    2780-3028
  • 第四相続戦争
    3028-3049
  • クラン侵攻
    3049-3058
  • 新スターリーグ
    3058-3067
  • 聖戦
    3067-3081
  • 人類が光より早い速度の移動を用いて宇宙への旅を大幅に拡大したのがこの時代である。 この技術の最初のテストが行われたのは2107年。
    このシステムを理論立てしたのは、トーマスカーニーと淵田孝好という二人の科学者で、 ジャンプドライブタイプとして、光年単位の距離を、巨大な宇宙船で瞬時に移動できる というものである。
    これは惑星を探索する人間の努力のターニングポイントとして証明される。


    カーニー淵田ドライブ(K-Fドライブ)は惑星間探索のベースとなったが、 移動に必要なジャンプをする際のエネルギーを吸収するデリケートなソーラー帆船 の精巧な開発を必要とした。
    また再攻撃をするまでに6-9日間かかり、その間外からの攻撃されやすくなる。 ジャンプシップ(船)は人間に惑星間の行き来を可能にし、 それが惑星間の政府を作り出すことになる。
    一方完全武装した船ををウォーシップと呼んだ。


    この時代の後半には、科学技術の飛躍的進歩により、科学者に別のタイプの極めて 重要なテクノロジーを作ることを可能とさせることになる。
    バトルテック、機械のロボットは歩くことができ、多くの乗り物がカバーしきれない テリトリーを理論的にカバーすることができ、さまざまな戦闘に対応できるよう デザインされた。
    これらのメック(ロボット)は、新しい軍の安全確保の目的として、強力な惑星間の 政府から期待された。


    バトルテックを作るテクノロジーは、惑星間植民地化による人類の移住によって 急速に開拓されたエリアに広がっていった。
    このエリアはインナースフィアという名で知られ、テラ(地球)の周辺を三次元的に 形成する中心となった。
    脇のエリアはペリフェリーという名で知られる。


    最終的に惑星間の勢力争いが頂点まで来ると、新たな戦いのルールが作られ合意される。
    これらのルールは、核戦争または核兵器の保持を禁じ、また宇宙探索に欠かすことの できない、計り知れないほどの貴重なテクノロジーを持つジャンプシップに対する攻撃も 禁止された。
    これらのルール及び新たな破壊行為制限にも関わらず、勢力争いは絶えず続いた。
  • 初期には、インナースフィアの大きな惑星間で、お互いの勢力争いが企てられていたが、そこには協調や同盟も存在した。
    2571年には、地球の主導権を握るイアン・キャメロンをリーダーとして、5つの最大政党が統一された。
    リャオ家一族率いるキャペラン連合、マリック家一族率いる自由主義世界同盟、 スタイナー家一族率いるライラン連邦、ダビオン家一族率いる連合太陽、 栗田家一族率いるドラコニス連合で、彼らはスターリーグという名で知られるようになる。
    有力な政党同士の和平を迎え入れたことで、地球が再び政治的勢力の中心に位置する形となった。


    スターリーグによる支配の時代は、インナースフィアに有益であることを証明した。
    インナースフィアのテクノロジーや医療の向上に対する貢献は時に美化され、小さな惑星の勢力をスターリーグが統括し過ぎるという結果になった。


    スターリーグ時代の終わりは、スターリーグのキャメロン家支配を終わらせた一人の人間により告げられることになる。
    ペリフェリーの政党グループリーダーであるステファン・アマリスが、若きキャメロン卿の座を奪う為、彼を殺害した。
    スターリーグの将軍であるアレクサンダー・ケレンスキーはアマリスに従うことを拒否し、その代わりに自身のスターリーグ軍隊を再編成した。
    ケレンスキーがアマリスとの戦いを終わらせ、ケレンスキーの軍が勝利を治めたが、彼らの勝利は空しいものであった。
    5大政党のリーダー達は、それぞれスターリーグのリーダーになることを拒み、これまでの全ての進展が解消された。


    ケレンスキーは、平和の道を模索し、彼が考えられる唯一の道を選んだ。
    彼は彼に忠実な人々に、彼らの家族と共にインナースフィアから遠く離れたペリフェリーの周辺に移住するよう尋ねた。
    彼の軍とバトルメック(戦闘ロボット)、乗り物、宇宙船は姿を消し、5大政党による新しいスターリーグの指揮権及び地球の支配権をめぐるささいな抗争を残すこととなった。
  • ケレンスキーのインナースフィアの政治的未来においての分析が的確であることを証明した。
    何十年、それどころか何世紀にもおけるスターリーグの崩壊の後、残された政党は利用できるあるいは必要であればどんな力においても手に入れるべきだと考えた。
    惑星間の戦争及び核による大虐殺の結果は、相続戦争として知られることとなった。
    これらの戦争が与えた影響は人間とテクノロジーのどちらにも酷く有害なものであった。


    何年にも及ぶ戦争状態が、最終的には惑星間の政権を後退させ、インナースフィアとペリフェリーの外部のほとんどのエリアでの内戦、さらにはテクノロジーの損失にまで導くこととなった。
    相続戦争の戦争状態の継続は、いよいよ物資及び軍の資産に影響を及ぼし始めた。
    バトルテックの大きなグループがかつて惑星を守っていた場所は、今では全ての世界で多くは単独の騎兵(4体のメックグループ)や歩兵中隊(12体のメックグループ)によって守られていた。
    それは、必要であれば他の大陸さらには他の惑星であっても即座に移動することのできる兵士の小派遣団の配置をあてにするという、新しい形の戦術を打ち立てたものだった。


    世界のテクノロジーレベルは、惑星間で劇的ともいえる程の違いが見られた。
    いくつかの惑星は、何世紀にも前に最新の科学として発見されたものを持っていた。
    その他の惑星は、最も優れた交通手段がガソリンを燃焼させるエンジン又は馬などの野生動物といった、不毛で放射能汚染された戦場での生活をする羽目になっていた。
    実際には、テクノロジーは必需品のようなものになり、機器の古い貯蔵庫がそれらを発見した者にとっての利益となるものであった。
    最も大きな失われたテクノロジーの埋蔵物は、現在では絶滅したスターリーグ軍隊の忘れられた要塞から来ていた。
    彼らはキャッスル ブライアンズとして知られた。
    最も小さい失われたテクノロジーの埋蔵物はどこでも見つけることができ、最もシンプルな武器又は通信機器であることもあった。
    テクノロジーの消滅によりハンディキャップをつけられた者の新しい支えとして、それらの落し物の埋蔵物は『ロステック』として知られるようになった。
    テラの過去がそうであったように、誰もが重要なロステックの発見を通して財産を得たいと願うようになり、宝探しはごく普通の事となった。


    一方ペリフェリーの遥か彼方では、アレクサンダー ケレンスキーの子孫が自分達を一族として組織することで、新しい文化と社会を構成する生き方を開拓した。
    それぞれの一族は、彼らの力を示すシンボルとして象徴する生き物を取り入れた。
    しかしそれらの一族の組織は、アレクサンダーが捜し求めた平和を見つけることにはほんの少ししか近づいていなかった。
    その代わりに、アレクサンダーの息子ニコラスによって組織された社会は、戦争を計画し、挑戦を減じ、機器の消失を最小限に留め、最強の戦士を作り出すことを望み、遺伝子操作に重点を置いた。
    実質的には、ニコラスがキリスト教徒にした一族の新しい社会は進んだ軍事力の周辺にある最も重要な財源を集約させることにより、兵法を最も重要な目的に取り入れた。
  • 最終的にテビオン家とステイナー家との戦争は休戦という形で終結した。
    3028年のハンス デビオンのメリッサ ステイナーとの結婚及び連合国の成立により、二つの大きな政党は残っている政治的権力者、リャオ、栗田そしてマリックを標的とした。
    これは大きな変化であり、過去の全ての相続戦争中どういうわけかインナースフィアをさけた権力の移動となった。
    最初の標的はリャオ家のカペラン連邦で、結婚式自体の最後でさえも攻撃の影響を受けるほど即座に苦しめられていた。
    カペラン連邦は酷い攻撃に耐えることとなったが、いくつもの惑星を連合国に奪われた後なんとか生き延びた。


    エイサーズヒューイズはこの戦争の直前に構成され、ニューヘッセンが侵略された時、その惑星に居た。
    ヒューイズの傭兵チームは彼らの惑星を守るために必死に戦ったが、最後にはリャオ家を支持する他の多くの小規模の傭兵と同様に敗北した。
    第4の相続戦争として知られるこの戦いを終え、デビオン家とステイナー家は別の敵であるドラコニス コンバインに注目するようになった。


    コンバインは長期にわたり日本の栗田家に統治されており、弱い相手だと思われていた。
    ハンスデビオンは長きにわたって仇である栗田武志に素早く勝利し、負かすことができるよう願った。
    しかしハンスデビオンが攻撃した3039年、ドラコニス コンバインの軍隊は復讐と共に猛攻撃した。
    その反撃は、すぐさまデビオン家の望みを打ち砕いた。


    この3039年の戦争は、デビオン家とステイナー家の勢力を合わせたとしても、スターリーグの第一王家の座を手に入れるのに十分でないことを証明した戦争として知られた。
    エイサーズヒューイズの傭兵も3039年の戦争で戦っていた。
    それは、彼らがスターリーグ時代のロステック軍艦を取り戻す事に奮闘していたドラコニス コンバインに利用された時期であった。
    この任務はヒューイズチームが避難すること許し、ウォルブズ ドラグーンズによって行われている傭兵審査委員会を規制するいい立場を失わせる。
    ウォルブズ ドラグーンズはどこからともなく現われ、しかしあっという間にインナースフィアでれっきとした立場を得た傭兵グループであった。
    ウォルブズ ドラグーンズは目に見えないテクノロジーを鼻にかけ、実際はアレクサンダーケレンスキー、クランの子孫によって送り込まれた偵察チームであった。


    クランは離れた知られていない惑星に住みかを見つけただけでなく、彼らの最終目的を方向づけた新しい社会をつくり、栄えることに成功した。
    彼らの今のテクノロジーは、初期のスターリーグのそれに四敵し、またその中のいくつかをしのぐものであった。
    人類の生誕の惑星の再生を捜し求め、テラすなわちクランはインナースフィアの軍隊を秘かに企て偵察した。
    ウォルブズ ドラグーンズの報告により、インナースフィア公正なルールを取り戻すことができるよう侵略の準備を開始した。
    このルールをクラン自身によって行われることが最適だと思う者がいる中、別の敵からの人類の救済者を証明すると信じる者もいた。
    クランに出現したこれらの二つの政治グループは、それぞれクルセイダーズとウォーデンズという名で知られるようになった。
  • 3049年、アレクサンダーの忠実な信奉者の子孫たちはクランとしてインナースフィアを侵略した。
    インナースフィアの彼らの征服したエリアの支配権の競争で、ほとんどすべての機会においてインナースフィアの敵対する軍隊を支配下に置いた。
    彼らはインナースフィアとそのペリフェリーを罰し、即座にアウトワールド アライアンス及びラザルハーグ リパブリック(二つの少数政党)を征服した。


    クランの最も激しい攻撃がハウス ステイナー及び栗田家に向いたのは、侵略者がテラへ向かった時であった。
    クランの残忍な敵が強調して公言した標的及び戦闘に対する厳しいルールは、クランの間ではまるでスポーツのようであった。
    一方インナースフィアの人々にとっては、名声や栄光よりもより多くの死と破壊をもたらしたのであった。
    ペリフェリーの中では、その惑星を誰又は何が攻撃したかという確実な情報もないまま、見渡す限りどこもかしこも崩壊していた。
    彼らの敵が一体誰でどこから来たのか知る由もなく、ある者はクランは実際には異星人だと信じる者もいた。
    遺伝子上で設計されたクランの巨人の歩兵がインナースフィアを超えて戦場に現われた時に、この概念は更に勢いを増し広がった。
    3050年ワルコット星においてドラコニス コンバインがクラン スモーク ジャグワーに勝利したことにより、この異星人説が誤りであると立証された。


    巧妙な敵との駆け引きをあらかじめ行うことにより、コンバインの軍隊は彼らのやり方でクランの侵略者に挑戦を挑み、速い攻撃を繰り返すことで勝利し、クランの戦士が自分達の防御が出来なくなるまでの状態にした。
    これは最初のクランの侵略のターニングポイントとして知られた。
    さらに、これが初めてインナースフィアの軍隊が損傷のないメック及び武器を敵クランから獲得した時でもあった。


    インナースフィアの大半の破滅状態からの前進が実際に実現したのは、ウォルフス ドラグーンズがインナースフィアのリーダー達を集め、クランの真の目的を各々に警告した時であった。
    ドラグーンズも一度はクランの一員であったものの本当の意味では決してそうではなかったが、30年近くずっと彼らと共に闘ってきたインナースフィアの同士と同盟を組むことを決意した。
    この協力のもと、インナースフィアはクランに対し対等の攻撃を開始することができるようになった。


    影響力の大きいコムスターと呼ばれる惑星間の通信グループもクランに対して立ち上がった。
    彼らは当初インナースフィアに対しても陰謀を企てていたが、彼らの買収されたリーダーが沈黙させられアナスタシアス フォクトの一人に交代させられてからはすぐに彼らの戦略は変更された。
    アナスタシアスはコムスターに対して彼個人の計画があり、それはインナースフィアがクランとの10年の協定の締結により残されていたものを守る為の組織の隠れた力を利用することを含んでいた。
    トゥカイドでの戦闘後の協定の交渉が成功したことがコムスターにい有利に働き、インナースフィアとクランの関係は変化した。
    最終的には、クランのウォーデン派もクラン政府を去り、インナースフィアや新しく、命名し直すスターリーグをつくるべくいくつかの選ばれたインナースフィアでそれぞれの生きる道を見つけた。
  • 新しいスターリーグは、クランがインナースフィアのかなり広範囲な地域に移り住んだ後にも関わらず、インナースフィアに権力を持ち続けていたインナースフィアのリーダー達との不安定な状態での同盟と共に誕生した。
    スターリーグは、最初にクルセイダークラン”スモーク ジャグワーズ”を作ることにより、クランに本物だということを証明した。
    新スターリーグ及びそのノバ キャット クランの同士がインナースフィアをスモーク ジャグワー クランから永遠に排除しようとした時、インナースフィアに別の重大な事件が起こり始めた。
    いくつもの小規模な勢力の交代が起こり、そのうちの一つはコムスターの組織を二つに分裂する原因となった。
    ワード オブ ブレイクと自ら名乗る派閥は、うまく実行された攻撃によりテラから財産を奪い取った。
    人類の発祥地を失ったものの、コムスターは大掛かりな秘密の知能戦の中をワード オブ ブレイク相手に戦った。
    だがしかし、その戦いには大敗を喫してしまった。


    ブラキストのグループは勢力を弱める代わりに、フリーワールドリーグに住みかを見つけ、勢力基盤を築き上げ、何人かは怪しいと思い始める者までいた。
    当初彼らは、秘密の軍の財産の増強の為の反クラン作戦を主要な目的として組織していたが、ワード オブ ブレイクはすぐインナースフィアを完全に支配する為の計画に変更した。


    3058年のこの時代、マイク ストライダーはストライダーズ ストライカーズを創設した。
    最初このグループは小規模であったが、すぐにノバ キャット クランの注目を集め彼らの戦士としての社会的実験としてクランに使われた。
    新しい故郷となるインナースフィアで敗北したノバ キャットは、インナースフィアの人々に受け入れられるためのいかなる道をも探し求めた。
    ノバ キャット クランのデボン カーンズは傭兵チームに加わった。
    彼の働きはチームをさらに手ごわい勢力に成長させる手助けとなった。
    しかし、ストライカーの傭兵はすぐにマリック政党の王家と契約を交わし、ワサットでのワード オブ ブレイクの行動を監視するよう命ぜられた。
    ストライカーは使命を果たしたにも関わらず、彼らは騙され、操られ、彼らに対する度重なるブラキストの攻撃により、星界から離れることを余儀なくされた。


    ストライダーズ ストライカーズが彼らのノバ キャット同士の故郷の星にするためサワットを去った後、ワサットはブラキストによって守られた。
    それはインナースフィアの他の統治者たちの国々を侵略する強大な市民軍をブラキストが集めた惑星で大規模な中間領域となった。
    ブラキストは惑星を勝ち取ったことだけでは満足せず、ストライダーズ ストライカーズを追跡する為、過激派閥を送り込んだ。
    彼らはそのチームをスパイすること及びストライカーズや彼らのノバ キャット同士をテストすることによって、さらに知識を得ることを望んだ。
    彼らが集めることが可能なあらゆるデータは、他のクランに対する未来の戦いに役立ちそれが今インナースフィアに彼らの住処を作ることとなった。
  • 3067年、スターリーグは次の総裁を決定する為の会議を開催した。
    ところがこの会議が大惨事を引き起こすこととなった。
    ワード オブ ブレイクは評価されたおかげでようやくグループの長年の目標であった新スターリーグを守備するポジションにつくことが出来た。


    しかしながら、スターリーグの他のメンバーは彼ら自身の協議事項のために会議をボイコットした。
    このボイコットは新スターリーグの解散という結果を招いた。
    この怒ったブラキストたちは、残っているインナースフィアは指揮する、あるいは彼らが行った行為に対して統治するにはふさわしくないと即座に判断した。
    ブラキストは、インナースフィアとペリフェリーの広範囲な地域に対して彼ら自身の半宗教的な規則を強制するジハード(聖戦)を宣言した。
    彼らはインナースフィアを破滅させる為、秘密予備軍、政治力、さらには洗脳術までもを用いた。


    ブラキスト達によって守られているロステック軍艦及び時空間移動用軍艦はインナースフィアを超えた広範囲に渡り彼らの勢力を送り、核兵器及び宇宙からの軌道爆弾を使い、戦術的にそれぞれの主要な星界を攻撃した。
    ブラキストはエレス代表者会議を無視し、その代わりに彼らが失格者だと判断したものに対して死と破壊の攻撃を浴びせた。
    そしてついには、この目的を共有するはずの彼らの同士であるドラコニス コンバインのリアオ王家やブラック ドラゴンズといったグループをも裏切った。
    ストライダーズ ストライカーズに対する恨みが原因となり、傭兵チームを滅ぼすために、いくつかの手当ても惜しんだ。


    他の場所では多忙を極めた彼らであったが、彼らの急進的なディナウンスメント派閥によるストライダーズ ストライカーズに対するテロ攻撃を支持した。
    さらに彼らは、アイレス県にあるミランダ星をノバ キャット統治に戻そうとしているストライカーズチームと同盟を結んだクルセイダーズ傭兵グループに対する復讐を試みた。

Leave your comment

Your Name: (required)

E-Mail: (required)

Website: (not required)

Message: (required)